チュウォン ジャパン オフィシャル ファンクラブ

  • 会員専用コンテンツをお楽しみいただくにはログインする必要があります。
NEWS ニュース

【MEDIA】『グッドドクター』アメリカに続き日本でもリメイク…チュウォン→山崎賢人



ドラマ『グッドドクター』がアメリカに続き、日本でもリメイクされる。

28日KBS側によると、去年アメリカでリメイク放送され、大きな話題を呼び
シーズン2まで決まったKBSドラマ『グッドドクター』が、日本でもリメイクされ
7月から放送される予定だ。

チュウォン、ムン・チェウォン主演のKBSドラマ『グッドドクター』は、
2013年国内放送当時、22.8%の視聴率を記録し、多くの視聴者から愛された。
去年アメリカのABCでリメイクされ大きな話題を呼び、韓国ドラマでは初の
シーズン2の制作が決まった状況で、今回、日本のフジテレビでもリメイクが決まった。
韓国ドラマのリメイクが多くない日本でリメイクされるという点で意味深い。

チュウォンが演じたサヴァン症侯群を患っている医者役に、日本のトップスター
山崎賢人がキャスティングされ、いっそう期待を高めている。山崎賢人は
ドラマ『トドメのキス』『好きな人がいること』、映画『羊と鋼の森』などに
出演した事がある、日本の青春スターだ。

日本版『グッドドクター』は7月12日から毎週木曜日、ゴールデンタイムである
午後10時に、フジテレビの木曜劇場にて10部作で放送される予定だ。
木曜劇場は、月曜9時のドラマとともにフジテレビの看板であり、フジテレビで
一番歴史の長いドラマの時間帯だ。今まで『愛という名のもとに』(1992)、
『眠れる森』(1998)、『電車男』(2005)など、多数のヒット作を放送し、
特に『Dr.コト―診療所』『白い巨搭』、『医龍-Team Medical Dragon』『コードブルー』など、
フジテレビを代表する医学ドラマを排出してきた。 そんな木曜劇場の医療ドラマの
10番目のタイトル作品が『グッドドクター』という点で、より注目に値する。

Copyright © 마이데일리 All Rights Reserved.